20171026.jpg
                                       (2017.10.9 撮影)


この週末に日本に接近してきそうな、台風22号が通り過ぎれば、10月ももう終わりですね。
本当だったら、1年のうちでも一番気持ちの良い季節のはずなのに、今年はやっぱりどこかおかしいようですね。

まあ、父親の通院のお供などがあったことも関係しているのですが、なかなか『休み』と『天候』が噛合わず、秋を楽しめたのは、写真の日一日(半日かな?)だけとなりました。

さてさて、台風が去って、11月に入ったら、どのような天候が待っているのか?
どちらにしても、バイクもカヤックもそろそろ厳しい季節になってしまうことでしょう。



2017.10.26 Thu 22:15 l 未分類 l COM(2) TB(0) l top ▲
20170911.jpg

今回も、水の上から失礼します。(笑)

カヤックって、思っていた以上にハードなんですね。
なめていました。 (まあ、身体がなまっているだけなのかもしれませんが・苦笑)

写真からも察しがつく通り、あくまでも釣りをするための道具として手に入れたつもりだったのですが、これが、水面を彷徨っていると釣りどころではなく、今回も、お魚さんには会えずに終わってしまいました。
おおよそ5時間。距離にして6kmほど水の上に浮かんでいたのですが、筋肉痛・・・の前に、手首の関節が・・・・・。 (´;ω;`)

もともと、釣りにしても、写真にしても、バイクにしても、自転車にしても・・・・数ある趣味の根源にあるのは、 『彷徨う』 ことなので、陸上のみならず、水上も彷徨えるようになったということで、個人的にはとてもハッピーな気持ちなんですけれどもね・・・・・。
もう少し、身体を鍛えなければいけないのかな? などと、痛感した一日でありました。


2017.09.11 Mon 22:34 l カヤック l COM(3) TB(0) l top ▲
20170826.jpg

8月も今日で最終日。
台風15号の影響で、8月とは思えないほど肌寒い一日となりました。
『今年の夏は・・・・』などと意気込んで、カヤックなどという新たな遊び道具を7月終わりに調達したのですが、なかなか天候に恵まれず、結局、水の上に浮かぶことができたのは一度だけ・・・・。
さてさて、そろそろ夏も終わり、水遊びが楽しめる季節も残りわずか。 この先の天候はどうなるのでしょうね?

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・

話はコロッと変わりまして、以前から相互リンクをしていただいている『古美術やかた』様より、ホームページを新調したとのご連絡をいただきました。
興味のある方は、下記より・・・

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
京都祇園の町家で古美術骨董品の販売、買取を営む古美術やかたです。
  http://art-yakata.jp/
 
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


2017.08.31 Thu 22:56 l 未分類 l COM(2) TB(0) l top ▲
20170716.jpg
NIKON Coolpix AW130

このところ、各地で大雨の被害が報道されているというのに、こちら神奈川県ではほとんど雨の降らない『梅雨』を過ごしております。
本日、カヌーのイベントが開催されていた丹沢湖も、ご覧の通りの渇水で・・・・
本来、満水時には、左上のしゃがんでる人が居る辺りまで、水があるはずなんですがね・・・・・・・・・。
もともと湖底であるはずの陸地まで車が入っていけるわけもなく、イベントに参加した方々は、干上がった湖底をカヌーを担いでいかなければならなかったようで、さぞやお疲れになったのではないかと思うのであります。
とはいえ、これからまだまだ渇水が進んだとしても、こうして遊んでいられるのだから、幸せですよね。

各地で水害に遭われた方々に心よりお見舞い申し上げます。



2017.07.16 Sun 23:15 l 未分類 l COM(3) TB(0) l top ▲
20170628.jpg
 ⇒ http://www.sanspo.com/sports/photos/20170626/mot17062620220004-p1.html

このところ多方面で中学生の活躍が注目されているが、とんでもない小学生の女の子が現れたようだ。
将棋、サッカー、卓球・・・などに比べると、まだまだマイナーなモータースポーツというジャンルなだけに、どこまで世間に認知されるかはわからないが、F4というカテゴリーで小学生ながらにコースレコードを叩きだしたというのは、『凄い!』を超えて、とんでもないことだと思うのだ。

生まれながらに、環境が整っていたであろうことは事実だと思う。
環境さえ整っていれば、F4マシンをドライブすることくらいは誰でもできるのかもしれない。
でも、コースレコードとなると、環境だけでは成しえないであろうことは、仮にもその昔モータースポーツの世界をほんの少しかじったことのある私でも想像がつく。 そして、彼女が言う『F1』のシートが、そう容易ではないことも・・・・。

なにはともあれ、しばらくの間は、彼女の活躍を応援するとともに、楽しませてもらうことにしよう。





2017.06.28 Wed 22:27 l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲