FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- --:-- l スポンサー広告 l top ▲
20151231.jpg
Nikon Coolpix AW130

早いもので、今年も残すところあと数時間で終わりですね。
8月以降、なかなか趣味を楽しむ時間も取れない状況が続いていますが、年末最終日、走り納めに三浦半島をぐるりと回ってきました。

さてさて、来年はどんな年になりますことやら・・・・。


【観音崎灯台】
慶応2年にアメリカ・イギリス・フランス・オランダと結んだ江戸条約によって建設を約束した条約灯台のひとつで、日本最古の洋式灯台。
1869年(明治2年)2月11日 完成・初点灯。
現在の灯台は、関東大震災後の1925年(大正14年)に再建されたもの。



にほんブログ村 写真ブログへ      blogram投票ボタン

スポンサーサイト
2015.12.31 Thu 21:01 l 建造物 l COM(4) TB(0) l top ▲
20130930-1.jpg

看板建築とは、関東大震災以降、商店などに用いられた建築様式で、写真の商店のように、建物前面に軒を出さず平面にして、モルタルや銅板で仕上げ、そこに装飾を施した建築。

以前、訪ねた三崎の商店街にも幾つかの看板建築が見られた。
写真の商店は、看板建築としては比較的新しいのではないかと思うが、実に見事な装飾が施されている。
おそらく、1階部分の前に突き出たところは、シャッターを設置するために後から増築されたのだろう。
今の時代、セキュリティを考えればシャッター位は必要だろうと思うが(といっても、このシャッターも相当に古そうですけど。)できれば、この出っ張りが増築される前の状態を見てみたかった。

20130930-2.jpg

そしてこちらは、装飾自体は上の写真の建物にくらべると質素だが、角地にあるため、ご丁寧にも2面にわたって装飾を施し、なおかつ玄関を角の部分にもってくるという、なかなか凝ったデザインになっている。

看板建築の建物のなかには、文化財に登録されるなどしているものもあるようだが、大部分の看板建築はそのようなこともなく、残念なことだが、いずれは取り壊されてしまうことだろう・・・。


minolta SR-T101 / MC Rokkor 50mm F1.7 / Kentmere PAN 100



にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へ       blogram投票ボタン

2013.09.30 Mon 20:29 l 建造物 l COM(2) TB(0) l top ▲
20130325.jpg
minolta HI-MATIC 7 / ROKKOR PF 45mm F1.8
kentmere 100

 【道志ダム諸元】
 ダム型式     重力式コンクリートダム
 堤高        32.8 m
 堤頂長      74.0 m
 堤体積      24,000 m³
 流域面積     112.5 km²
 湛水面積     14.2 ha
 総貯水容量   1,525,000 m³
 有効貯水容量  616,000 m³
 着工年/竣工年 1952年/1955年

道志川にある発電用のダム。
神奈川県内のダムの中でも、以前掲載した宮ケ瀬ダムや三保ダムなどにくらべると、どちらかというとマイナーな存在だろうか?
ダム周辺も観光地化されていないので、観光客はほとんどいない。
今回、はじめてじっくりと見物してきたが、なかなか立派なダムだった。


にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へ       blogram投票ボタン

2013.03.25 Mon 21:19 l 建造物 l COM(2) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。