上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- --:-- l スポンサー広告 l top ▲
20160808.jpg

このところ、すっかり写真を撮らなくなってしまっていて、ましてやフィルムでとなると、年に1,2回程度という体たらく・・・。
少しカメラを整理しようか? などと考えているのも事実なのですが、たまたま、こんな可愛いカメラに出会ってしまうと、ついつい手に取りたくなり、その上、(傷・汚れ、モルトの劣化はあるものの)巻き上げもシャッターも問題なく、精度はともかく明るさに応じて絞りも変化しているとなると、これはもう救出しないわけには・・・・・。

ということで、病気のほうはまだ治っていないようなのであります・笑

沼に嵌って十数年。
私と生まれ年が一緒ということもあり、ずっと欲しかったカメラでもありますので、レストアというほどの作業ではありませんが、久しぶりにカメラでも弄ってみようかと・・・・。


にほんブログ村 写真ブログへ  blogram投票ボタン

スポンサーサイト
2016.08.08 Mon 21:35 l Camera&Lens l COM(4) TB(0) l top ▲
20141125.jpg
【GOSSEN Sixtomat】

普段からあまり露出計って使わないので、 ・・・ましてや、こんな古い露出計じゃ、使ったところであてにもならないでしょうしね。
『必要ないもの』には間違いないのですが、セレン式のメーターが元気に振れているのを見たら、つい手を出してしまいました・笑

ということで、久しぶりのレストア(?)
動かなくなっていたシャッター速度表示部をセロテープ補修でとりあえず動くようにして修理完了。
室内光でデジカメと比べてみたところ、それほど大きな狂いはないようなので、晴れた日にでももう一度確認してみるとしましょう。

Webで探してみたところ、どうやら1953年に発売された機種のようですね。

 ⇒ http://www.jollinger.com/photo/meters/meters/gossen_sixtomat.html

私のところへきたものの方がなんとなく安っぽく見えるのですが、PDF manual を見ると私のと同じデザインなので、こちらが発売当時のデザインなのでしょう。



にほんブログ村 写真ブログへ      blogram投票ボタン

2014.11.25 Tue 21:42 l Camera&Lens l COM(2) TB(0) l top ▲
20131003.jpg
Ricoh R1s / Kodak TMY

久しぶりにフィルムで撮ってきました。
といっても、まだ普通に歩けるような状態ではないので、荷物にならないコンパクトカメラを持って、リハビリを兼ねてご近所を散歩してきただけなので、たいした写真はありませんが・・・。

このカメラ、10年ほど前に骨董市でガラクタの中から100円で救出したカメラなのですが、久しぶりに持ち出してみたところ、写真のように盛大な光漏れが・・・。
おそらく、フィルム確認用の小窓からの光漏れだろうと思うので、まあ、簡単に直ることでしょうけれども、100円で買っておよそ10年、それなりに楽しませてもらいましたので、そろそろ引退させても良いかなとも思うのですがね。


にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へ       blogram投票ボタン

2013.10.03 Thu 17:39 l Camera&Lens l COM(4) TB(0) l top ▲
20130819.jpg
PENTAX ME / SMC PENTAX-M 50mm F1.7
Lucky SHD 400

退屈ですねぇ~。
退屈しのぎに、久しぶりにレストアでもしてみようかという気になり、絞りが粘ったペンタックスの28㎜をバラシ始めたのですが、なにしろ本当に久しぶりのレストア(らしきこと)。あっちこっちに散らばった工具類が見当たらず、途中で断念してしまいました・汗
明日は別の教材でも探しましょうかねぇ~。

  退屈ですねぇ~。



にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へ       blogram投票ボタン

2013.08.19 Mon 17:04 l Camera&Lens l COM(2) TB(0) l top ▲
20130729.jpg
Mamiya ZE-2 / SEKOR E 50mm F2
Kodak Ektar 100

昨日に引き続き、コダックのエクターである。
今のところ、カラーネガに関しては自家現像をしていないこともあり、あまり使う機会は多くないのだが、このエクターというフィルムは以前使っていたスキャナーとの相性が良かったのか、ほとんど色を調整する必要がなかった。
スキャナーを取り換えてからは、まだ使っていないのだが、2日にわたってエクターでの写真をピックアップして、また使いたくなってきた。
もう少し歩けるようになったら、エクターでも詰めてリハビリがてら近所を散歩してみようか・・・・。
まだエクター残ってたかな??

・・・それにしても、うなぎを食べに行きたい。(涙)



にほんブログ村 写真ブログへ      blogram投票ボタン

2013.07.29 Mon 19:42 l Camera&Lens l COM(4) TB(0) l top ▲
20130626.jpg
LOMO BELAIR X 6-12 / 58mm F8
KODAK TMX

このカメラ、いつ発売されたんでしたっけね?
発売前に予約までいれて購入したにもかかわらず、ようやく試写にいってきました。
LOMOらしく色々と問題を抱えた個体もあるようですが、とりあえず初めての試写ということで、今回は何も手は加えていないメーカー出荷状態のままでの撮影としました。
そろそろ旬も過ぎたことと思いますので、あれこれ書く気はありませんが、ピントが甘いこと以外はこれといった問題もなく、このままで実践投入できそうな感じなのであります。
もっとも、今回は58mm 6×9フォーマットのみの結果なので、90mmだとどうなるか? 6×12フォーマットだとどうなるか? という疑問はありますが・・・。
なにはともあれ、電車移動・バイク移動でも苦にならない中判カメラが増えたことはうれしいかぎりなのであります。



にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へ       blogram投票ボタン

2013.06.26 Wed 20:10 l Camera&Lens l COM(5) TB(0) l top ▲
20130519-1.jpg
OLYMPUS E-P1 / OLYMPUS LENS 15mm F8.0

デジタルカメラのライフサイクルの短さを考えると、私のペン『E-P1』もすでにオールドカメラの一員なんでしょうね。
量販店などで最新機種をいたずらしてみると、そのフォーカシングスピードにはおもわず唸ってしまいます。
写真を撮るという基本的な事だけをみるのなら、このE-P1でも十二分にその機能は満たしているわけですが、やはりスナップカメラとしてみたときに、フォーカシングスピードの遅さはストレス以外の何者でもないわけです。
そんなわけで、このところOM用の広角レンズをF11~F16まで絞り、パンフォーカス状態で使ってみたのですが、これがなかなか快適でありまして、それならということで、昨年10月にオリンパスより発売されましたボディーキャップレンズ(BCL-1580)というのを用意してみました。

20130519-2.jpg

15mm F8.0 3枚玉のガラスレンズです。
いちおう、0.3m~∞までのマニュアルフォーカスですが、近接撮影以外は写真のようなレバー位置でパンフォーカスとして使うのが、このレンズの正しい使い方といった感じでしょうか。

20130519-3.jpg

横から見ると、こんな感じ。
まさしくボディーキャップそのものであります(笑)
ボディーキャップレンズなどというと 『写りはどうなの?』 というのが、真っ先に頭の中をよぎるのですが、そこは、さすがオリンパス製のガラスレンズです。
スナップ写真というジャンルであれば、実用上まったく問題はないと感じました。
絞り優先モードでパンフォーカス位置にセットして、晴れていればISO100~ISO200、曇っていればISO200~ISO400、といった具合で手返し良く撮影していけるというわけです。
E-P1の場合構図を確認するには、電子ビューファインダーが使えないので、17mm用の光学ファインダーでごまかすか、背面の液晶パネルでということになってしまうのですが、構図など気にせずに、ほぼノーファインダーの状態で、どんどん撮っていきたくなるレンズですね。
これで、まだしばらくはE-P1で楽しめそうな予感なのであります・・・。


2013.05.19 Sun 22:11 l Camera&Lens l COM(4) TB(0) l top ▲
120915-01.jpg
Diana F+ / KODAK TMX

ダイアナであります。
いまさら・・・という気がしないでもないのですが、先日、程度の良い中古品に巡り会いましたので保護いたしました。
ホルガ以上に貧素なボディーですが、なかなか良い感じですね。
6×6スナップカメラとして充分に実用になってくれる描写であります。

120915-02.jpg



にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へ     blogram投票ボタン

2012.09.15 Sat 19:49 l Camera&Lens l COM(0) TB(0) l top ▲
120723-01.jpg

KONICA RECORDER (1984年3月発売)
 レンズ:HEXANON24mm F4.0(4群4枚)
 フィルム:135サイズ
 フィルム給送:自動
 焦点調節:AF
 撮影距離:0.9m~∞
 電源:単3×2
 シャッター:1/60~1/250秒
 サイズ:112.5×77×30.5mm
 重量:250g
 価格:27,800円


同じ年の11月に発売されたDXコードに対応したモデルは以前使ったことがあるが、今回のは初期型のDX未対応モデル。発売当時は 『世界で最も薄いカメラ』 だったらしい。
カメラそのものは後期モデルとなんら変わらないので、良く写ることはわかっているが、諏訪湖に行った際に使ってみた。(←もう3ヵ月近く前の話ですが・・・)

120723-02.jpg
film:KODAK TMY



にほんブログ村 写真ブログへ  blogram投票ボタン

2012.07.23 Mon 10:42 l Camera&Lens l COM(3) TB(0) l top ▲
120414.jpg
【母の塔 作:岡本太郎】
Petri 2.8 / Orikkor 4.5cm F2.8
Kodak TMX


120414-02.jpg

Green O Matic でお馴染みのペトリ2.8であります。
先日、伊東で使った時には、前玉の拭き傷が原因と思われるフレアーがひどかったのですが、家に転がっていた再生不能のジャンク品から前群レンズを移植してみました。
こちらのレンズも拭き傷はありますし、なにぶん半世紀も前のレンズですから、強い逆光には勝てないみたいですが、ご覧のように良好な結果が得られました。
それにしても・・・
ペトリという会社の一般的な評判とはまったく結びつかない素晴らしいレンズであります。


2012.04.14 Sat 20:51 l Camera&Lens l COM(2) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。