FC2ブログ
120706.jpg
Pentax SP / SMC Takumar 55mm F1.8
Kentmere 100

暑くなりましたね。
常温保存の現像液の液温を測ってみると25℃ありました。
今回使ったケントメアというフィルムは、まだまだ情報が少ないようで、ネットで検索しても液温20℃での現像時間しかヒットしてきません。
まあ、素直に20℃まで液温を下げてやれば良いのですが、必要最低限の設備で現像をしている者にとっては液温を5℃下げるというのはなかなか厄介なものなのであります。
というわけで、25℃で強行することにしました。
もともと25℃という温度自体、少々高すぎるかなという気もしますが、D76 20℃で9分と現像時間が長いフィルムなので25℃でも6分程度でいけるのではないかと・・・・。
結果はご覧の通り、とりあえず問題なく処理できたようであります。
これから数ヶ月は液温の高い状態が続くでしょうが、これでなんとかいけそうですね。

写真とはまったく関係のない話になってしまいましたが
・・・・そろそろ夏祭りの季節ですね。



にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へ  blogram投票ボタン

関連記事
2012.07.06 Fri 22:02 l 散歩写真 l COM(2) TB(0) l top ▲

コメント

No title
評判どおり問題ないですね。使えそうです。

25度は処理温度として心配ないでしょう。ネガカラー
など指定が38度ですが、モノクロに流用しても荒れ
ないです。昔よりフイルムの現像温度範囲が広く
なっているようですから。
2012.07.06 Fri 22:24 l kan on mobile. URL l 編集
No title
kanさん
現像時間が長いというのが難点に感じていましたが、考え方を変えれば、安定した結果が出しやすいし、シビアさが要求されないので、私のようないい加減な人間には合っているのかもしれません・苦笑
2012.07.08 Sun 13:30 l FBC. URL l 編集

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://jj1fbc.blog8.fc2.com/tb.php/1430-de18652f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)