FC2ブログ
081219-1.jpg
昨日も掲載した小西薬局さんです。
江戸時代初期(1633年)から現在の場所で営業しているそうですが、現在の建物は関東大震災後に建てられたものだそうです。
ところで、小田原市内には19の『街かど博物館』という施設があるのですが、こちらの小西薬局さんもそのうちのひとつで、さまざまな資料を見せていただくことができます。
とはいえ、普通に営業している薬局ですからね、はじめは入るのに抵抗もあったのですが、「いざとなったら目薬でも買うか。(普段使っているのがそろそろ終るので・・・)」ということで、入店してみました。

081219-2.jpg
薬を買いにきた他のお客さんがいなくなるのを待って、ご主人に声をかけると、お店、建物の歴史から展示してある道具類や写真の薬棚について親切にお話を伺うことが出来ました。

081219-3.jpg
明治の頃から使われていた薬棚だということですが、現在も現役で使っているそうです。


1,3枚目 OM-10 ZUIKO 50mmF1.4
2枚目  Travel mini op

Film:Kodak 400 TX
関連記事
2008.12.19 Fri 23:02 l 散歩写真 l COM(4) TB(0) l top ▲

コメント

No title
生薬の引き出しが懐かしいです。こんなに古くないですが
我家にもありましたから。センナにサンキライ、海人草ですか
本当に古くからの薬ですね。懐かしい・・・
2008.12.19 Fri 23:54 l kan. URL l 編集
No title
メーカーの看板(商標)懐かしいな。今も名前残ってるとこもあるし消えたのもありますね。
和漢薬でいいのかな?だけど桃とか枇杷の葉っぱがねー。
2008.12.20 Sat 10:36 l forester. URL l 編集
No title
凄いなぁ~これは・・重要文化財ですね!!
2008.12.20 Sat 19:27 l nonakadesu. URL l 編集
kanさん
kanさんなら詳しくわかるんだろうな~、なんて思いながら話を聞いてました。

foresterさん
え~、それらの葉っぱの効能に関してはkan先生にお尋ねください・笑

nonakaさん
はい登録有形文化財というのには指定されているようです。
文化財の中での営業、ご苦労もあると思いますが頑張って欲しいですね。
2008.12.20 Sat 21:30 l FBC. URL l 編集

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://jj1fbc.blog8.fc2.com/tb.php/890-67ebbb4d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)